株,為替,仮想通貨のFX,トレードで最初に「投資」するべきものは何か。

 
投資家K.U.Iこと近藤勇一です。


いきなりですが質問です。


株、FX、仮想通貨などを始めとする相場(投資、トレード)の世界で、最も「最初」に投資するべきものは何だと思いますか?


誰もが、そこに「初めての一歩」を踏み出す瞬間があるものだと思いますが、


『まずは適切な知識に投資するべき』


というのが私の経験則から導き出している1つの「答え」にあたります。

まず「適切な知識に投資をする」という考え方。

どんな株式銘柄、通貨ペア、仮想通貨よりも先に、まず投資するべきは、その「投資」という行為そのものにおいて必要不可欠な「然るべき知識」でなければならないと思います。


『むしろ、そのような「然るべき知識」にあたるものには、時間とお金の「投資」を惜しんではいけない。』


というのが私の考えだからです。


そして「それが最もリターンの大きい投資になる」というのが、私の経験則から導き出した1つの「答え」でもあります。


ただ、これは何も巷で販売されている投資関連の「情報商材」と呼ばれるものや、高額な「セミナー」などに惜しまず、お金をつぎ込めという事ではありません。


それこそ、投資関係の「情報商材」と呼ばれているものは、


「こういうふうに投資(トレード)を行えば勝てる(らしい)」


という「見せかけのノウハウ(ルール)」のようなものが、ただ漠然と記載されているだけのものが非常に多く、少なくとも、そういったもので得られるものは「知識」でも何でもありません。


そもそも、相場の世界は結局のところ「価格が上がるか下がるか」の世界ですから、そういった「トレードノウハウ」にあたるものは、どんな適当なルール(ノウハウ)でも、一時的には勝ててしまいます。


むしろ「必敗のルール(ノウハウ)」を作る事の方が難しい(それが出来れば、実際、勝てますから)わけですから、


『どんなルール(ノウハウ)でも「ある程度」は、勝てて当然』


なんです。


そんな一時的に有効(そうな)ノウハウを「もっともらしく語る事」は何ら難しいことではありません。


要するに「有効なトレードノウハウを教えます」というような「情報商材」と呼ばれるものは、その大多数が、


『それらしく完成されたように見えるノウハウ(トレードルール)』


を、動画、PDFなどの形で、それらしく提示しているだけの可能性が高いという事です。


ただ、そのようなものを「短期的な目線」でしか見る事ができない初心者の方などは、そんな「見せかけのノウハウ(ルール)」をすっかりと信じ込んでしまいます。


そして、そのままそんな「見せかけのノウハウ」に大金を投じてしまい、やがて手痛い「洗礼」を受けてしまうわけです。


ですが、そのような「洗礼」は、他でもない「正しい知識」を持ち合わせていないからこそであり、


『そのノウハウが本当に長期的に有効なものなのか』


をしっかりと判断する事ができなかったからこその「痛手」に他なりません。


言わば「無知」であるが故に、


・そのノウハウが本当に優位性のある有効なものなのか
・ただ短期的な勝率を高める為だけのものなのか



を見極められず、馬鹿正直にそのような「見せかけのノウハウ」を信じてしまい、そして、そのようなものに依存し、頼ってしまっているんです。


つまり、株やFXなどを始めとする投資系の「情報商材」と呼ばれるものは、その大半がそんな「見せかけのロジック」で、投資を始めたばかりの初心者層を、ある意味で欺いているという事です。

***

そもそも「本当に有効なトレードノウハウ」にあたるものを、数万やそこらの金額で不特定多数の人に教えるような事をするでしょうか。


少なくとも、私なら、まずそんな金額では、そこまでのノウハウを不特定多数の人に公開しようとは到底、思えません。


何より相場の「価格(レート)」は売り手(需要)と買い手(供給)で決まっているのですから、


「裁量の余地が一切無い、誰もが同じ判断、タイミングで売買を行えるノウハウ」


というようなものなら尚の事、そんなノウハウを不特定多数の人に公開するようなメリットは無いに等しく、むしろデメリットの方が大きいはずです。


要するに、投資の「情報商材」と呼ばれるもので公開されているようなノウハウは、そのほぼ大半が、情報商材として「売るため」に作られた見せかけのノウハウである可能性が極めて「高い」という事です。


見せかけのロジックでは無く「正しい知識」を身に付ける。

よって、私がここでお伝えしている、


「然るべき知識への投資を惜しまない」


という考えは、決して、そのような「情報商材」などにお金をつぎ込めという話ではありません。


むしろ、そういったもので提唱されているような


「見せかけのノウハウを見破れるだけの知識」


にあたるものは最低限、持ち合わせるべきであり、そういったものにこそ、まずは惜しまずに投資を行っていくべきだと思っているわけです。


何より、そういった知識は「お金」以上に「時間」を投資してこそ身に付けられるものですから、今はインターネット検索などの手段のみでも、かなり質の高い情報を集めて、相応の知識を身に付ける事が出来ます。


もちろん、それは書店に並ぶ投資関連の「書籍」などからでも構いません。


むしろ数万円とする下手な情報商材などよりも、そういう一般書籍にこそ本当に価値のある情報が詰まっています。


歴史に名を刻むような世界的な投資家やトレーダーが残した「投資の本質」と言える理論や手法などがそこに詰め込まれているからです。


どこの誰かもわからない、本当に「実績」があるかもわからない、そんな人が形にした「情報商材」などとはワケが違うという事ですね。


少なくとも、そんな実態のわからない人の、確証の無い「見せかけのノウハウ」に数万円もの大金を支払うというのは、もはや「運だめし」でしかありません。


そこにお金をつぎ込むくらいなら、私は存命中の投資家、トレーダーも含めて、相場の世界にその名を刻んでいる、


・ウォーレン・バフェット(世界3大投資家)
・ジョージ・ソロス(世界3大投資家)
・ジム・ロジャーズ(世界3大投資家)
・ベンジャミン・グレアム(ウォーレン・バフェットの師匠)
・フィリップ・フィッシャー(ウォーレン・バフェットに影響を与えた投資家)
・チャーリー・マンガー(ウォーレン・バフェットのパートナー)
・ジェシー・リバモア(世紀の相場師、ウォール街のグレートベア)


といった、本物の投資家やトレーダーの残した理論、記録、データにこそ「価値」を見出していくべきだと思います。


※上記をご覧いただいてもお分かりいただける通り、私はもともと株への長期投資が主だったため、とにかくウォーレン・バフェット関連の著名な投資家の本をとにかくあらゆるものを読み漁りました。


ただ、ここで更に厳しい事を先に言っておくと、投資、トレードの世界は、そういった知識を蓄積していくだけで勝てるようになるほど甘い世界ではありません。


これはスポーツなどでも同じ事が言えると思いますが、やはり「理論」だけで「実践」が上手くいくほど、甘くはないわけです。


ただ、それでもそういった知識を積み上げていく事で、おぼろげながらでも「相場」というもの本質や、勝つべくして勝ち続けている投資家達の「心理(考え方)」などが見えてきます。


それによって、次第に「相場を見据えた上での銘柄、ポジションの優位性の判断」が出来るようになるんです。


その判断を、いわゆる『ファンダメンタル分析』を中心に行う人もいれば『テクニカル分析』を中心に行っている人、もしくはその「両方」を行っているような人もいますが、


・資産を増やし続けている投資家
・勝ち続けているトレーダー



にあたる人達は、ほぼ例外なく自分なりの「理論」を前提に、株式銘柄、ポジションの優位性などを見出す基準やルールを構築しています。


その上で、そのような有効な「基準」や「ルール」にあたるものを、体当たり的な「実践」と「経験」をもとに作り上げていく人もいるのかもしれませんが、私はあえて「リスク」を取ってそのような事を行う必要は無いと思っています。


少なくとも必要最低限、事前に備えるべき知識、視点、考え方などがあり、


『実際に資金を運用していくのは、その後でも遅くはない』


というのが私の考えです。


とは言え、何から手を付けて投資を学んでいけばいいのか。

ただ、株への「投資」にしても為替、仮想通貨などの「FXトレード」にしても、相場の世界には専門的な知識や理論が「無数」と言っていいレベルで存在します。


テクニカル分析のための指数1つを勉強するにも、次から次へと聞いたことも無い言葉が出て来て、完全に0から勉強するとなると、それだけでも相当な情報量になってしまうのが実情です。


それでも私は何事も「独学」で学ぶタイプだったため、片っ端から色々な「用語」や「知識」を吸収していきながら、その中で出てくる「指標」や「法則」にあたるものは、実際の相場を対象とした「検証」なども幾度と繰り返してきました。


そのような経緯を経て、こうして今は実際に投資やトレードでそれなりに稼げるようにもなったわけですが、今現在、行き着いているスタイルや考え方から振り返ると、


「かなり無駄な知識や理論を頭に入れてきたな・・・」


と思う部分も非常に多いのが率直なところです。


もちろん、そういう細かい理論を総合的に学んできたからこそ、今の自分のスタイルや実績がある事は間違いありません。


ですが、今の自分が数年前の自分に一から投資やトレードのイロハを教えるなら、


『もっと効率的に的確なポイント、必要な知識や理論だけで、今と同じレベルのノウハウの確立や実績は十分に実現できるんじゃないか』


と思っています。


よって、このブログや私のメールマガジンは、投資やトレードで成果を上げていくために必要不可欠な基礎知識、理論、原則などの重要なポイントを主にフォーカスして提供しているものに他なりません。


それこそ「投資の勉強」を始めた当時の私が知りたかった事、その当時、目にしていればより早く成果を上げられたであろう、そんな情報の提供を心掛けているわけです。


また未来の私がそのポイントを再確認する、そんな情報発信媒体でもあるというイメージですね。


いずれにせよ、まだ投資で稼ぐ感覚を身に付けられていない人にとっては、高額なだけの下手な情報商材などよりも遥かに役立つ実践的、且つ現実的な情報を提供できているはずです。


全ての情報を100%真に受ける必要はありませんが、あなたにとって


「これは重要だ。」


と思う情報や知識は、どんどん吸収して頂ければと思います。


私もまだ投資関連の書籍を読み漁る事は辞めてませんし、まだまだ勉強中な分野もあると思ってますので、今後の情報発信にも多いご期待ください。


あなたにとって「必要な情報」を存分に学んで帰ってください。

以下に、このブログの「目次」にあたるコンテンツ一覧のページをご用意していますので、こちらから「あなたにとって必要な情報(価値がありそうな情報)」を是非、存分に収集して頂ければと思います。

>投資家K.U.I(近藤勇一)Official BLOGコンテンツ一覧ページ

サブコンテンツ

投資家K.U.I



 投資家K.U.I(近藤勇一)

株のスイングトレード、為替、仮想通貨のFXトレードなどを平行して生計を立てています。比較的幅広い手法を駆使してますので投資家、トレーダーにはお役に立てる情報を発信していけると思います。

>近藤勇一プロフィール

資産運用実績

2012年2月
資金2000万円で資産運用開始
2012年9月
保有資産3000万円を突破
2013年1月
保有資産4000万円を突破
目標年間利回り+100%を達成
2013年4月
保有資産5000万円を突破
2013年12月
保有資産6000万円を突破
年間利回り+50%と達成
2014年5月
保有資産7000万円を突破
2014年11月
保有資産8000万円を突破
単月収支+500万円を達成
2015年2月
保有資産9000万円を突破
2015年5月
保有資産1憶円を突破
>資産運用成績の詳細

このページの先頭へ