FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレード「輝」のレビュー

 
投資家K.U.Iこと近藤勇一です。

こちらのFXトレードの情報商材について、そのトレードロジック、ノウハウの有効性などの真偽を言及していきたいと思います。

↓↓↓

FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

販売URL:https://pu-sanfx.com/beardline/kagayaki/

・販売業者:株式会社ベアードライン、
・講師  :FXぷーさん
・所在地 :東京都台東区上野6丁目1番6号 御徒町グリーンハイツ1005
・連絡先 :09023040694

この「FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」は、販売価格が11,000円と、FXの情報商材としては、かなり安めの価格設定になっていると思います。


また、実際に販売ページの方を見て頂ければ分かりますが、ページ(サイト)の作りがかなり粗いです。


こういうページをあまり作り慣れていない人が作ったのだろうなと・・・。


ただ、FX関連の情報商材に関して言うと、いかにも「プロ」が作ったような小奇麗な販売ページで販売されているものより、このような素人感のあるサイトで販売されているものの方が、


「本当にトレードで稼いでいるトレーダーが販売している本物のノウハウ」


だったりします。


逆に、いかにもプロっぽい販売ページの情報商材ほど、実際にはトレードで稼げていない「情報販売」で稼ぐ事を主としている業者が、情報商材として売り出すために作ったような、出来合いのノウハウだったりするわけです。


もちろん、情報商材やトレードノウハウの良し悪しを販売サイトの作りで判断するという話ではありませんが、そのサイトの作りが粗くても、案外、それが本物というケースもあるという話です。


そして、あえて、ここでそのような話をした意図として、この「FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」は、本当にFXで稼いでいるであろう本物のトレーダーが販売している情報商材だと思われます。


要するに、この「FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」の方で提唱されているトレードノウハウは、


「実際に作者の方が結果を出しているノウハウである可能性が高い」


という事です。


ですから、ノウハウとしては「本物」であり、実際に「有効」なトレードノウハウを学ぶ事ができる情報商材なのですが、これが「お勧めかどうか」は、もう少し補足が必要です。


率直に言うと、ある程度、テクニカル分析を勉強して「ダウ理論」あたりで、具体的なチャートパターンなどが頭に入っているような人からすれば、


「すでに知っているであろうチャートパターンをそのまま使うようなノウハウ」


となっているため、人によっては、


「あー、だから11000円なのね。」


または、


「こんなノウハウで金を取るんじゃねー!」


と思ってしまうようなノウハウなので、そこで完全に判断(評価)が分かれてしまう可能性がある情報商材なわけです。


すでに知れ渡っているチャートパターンに従うだけのノウハウの価値。

テクニカル分析には、それなりに「有効」とされている値動きの法則やチャートパターン、インジケーターを利用したシグナルなどがあります。


そして、そういったものの大半は、今はインターネットで検索を行えば、大抵のものが、わりと詳しい解説情報と共に出て来るため、それらを「知る事」は、言わば無料で誰でも簡単にできるようになっています。


ですが、どのような相場の法則、チャートパターン、シグナルも、基本的には「エントリーサイン」として、そこからの値動きの傾向はある程度、明確になっているものの、


「それらに従って、どこで利食い、損切りを行うのか」


といったところまでは決まっていないため、そういったところは結局のところ、トレーダー側が、何らかの基準や裁量で、その判断やルールを定めていく形になります。


その上で、実際にFX(トレード)で勝てるかどうかの境界線は、突き詰めて言えば、どこでエントリーしようと、そこからの「利食い」や「損切」を上手く行えれば、勝ててしまうわけです。


ですから、私としては、その主となるエントリー判断の基準などで、すでに知れ渡っているような王道の法則やチャートパターン、シグナルを用いるノウハウや、そのようなノウハウを提唱する情報商材が「悪い」とは、とくに思いません。


現にそういった法則やパターン、シグナルは、多岐に渡りますから、


「これをこのような条件で実用していけば勝てる」


といった、確固たる「指針」を示してくれたものが、実際に「勝てるノウハウ」になっているなら、それは実際に「有効なノウハウ」に違いはないため、それはそれで十分に「価値がある」と思うわけです。


この「FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」は、まさにそういった視点での「価値」を提供している情報商材だと思いますから、


・そもそもFXやテクニカル分析の経験がまだそこまでのレベルに達していない
・それなりの知識を有しているものの実際のトレードでは勝てていない



という人にとっては、少なからず「価値」のある、実際に有効なノウハウを学べるものになっているという事です。


FXぷーさん式トレンドフォロー手法のパフォーマンス。

この「FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」で提唱されいてるノウハウは、販売ページの方にも記載されている部分として、


・4時間足チャートによる判断が基本
・1日に数回のチャートチェック&トレード



このようなトレードサイクルが基本となります。


要するに「4時間足」で「ダウ理論」に基づく、特定のチャートパターンの形状ができていれば、そのパターンに沿ったポジションを建てていくという事です。


よって、インジケーターなども一切使うことはありませんし、チャートパターンも王道的な「分かり易いパターン」が判断の基準になっていますので、初心者でもノウハウに沿ったトレードを再現する事は難しくないはずです。


その上で「リスクリワード(損切りとなる負けトレードの損失に対する勝ちトレードのリターン)をリスク1に対して、リターンを1.5~2倍ほどに設定していくルールが基本となっていますので、勝率は5割前後といったところ。


要するに「リスクよりリターンを大きく設定するトレード」を前提とする形で、5割前後の勝率をキープしながら、トータル的な収支をプラスにしていくという手法なので、


・勝率:5~6割
・リスクリワード:リスク1に対してリターン1.5~2



このような勝率とリスクリワードが前提となる「至って地味なノウハウ」です。


4時間足判断が基本となりますから、1つ1つの通貨ペアを対象とするエントリーチャンスは1日に1~2回あるかないかで無いときはしばらくありません。


そこは対象とする通貨ペアを増やす事でカバーできますが、いずれにしても、1日数回のトレードで勝ったり負けたりを繰り返しながら、勝てる時のリターン(利益)が負ける時の損失は上回るので、


「同じ条件で同じトレードを継続していけば長い目で見て収支はプラスになっていく」


という考え方で、とにかく淡々と4時間足チェック&トレードを繰り返していくようなノウハウという事です。


そういったもろもろの条件で考えると、このノウハウで11000円という価格帯は、まあ、妥当なところかと思いました。


ですから、ここで私がお伝えした内容を踏まえた上で、


・まずは副業レベルでできるような初心者向けのノウハウで良い
・長い目で見て収支をプラスにできる堅実なノウハウを習得したい
・よく聞く「ダウ理論」や、その理論に沿ったなノウハウを勉強したい
・インジケーターなどを使わないシンプルなノウハウでトレードを行いたい



といったニーズは満たせる情報商材だと思いますので、11,000円という価格帯も考慮した上で、ご自身のニーズにあっているようなら、購入されてもいいのではないかと思います。


>FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝


以上、FXぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝のレビューでした。


是非、参考にしてください。


あなたにとって「必要な情報」を存分に学んで帰ってください。

以下に、このブログの「目次」にあたるコンテンツ一覧のページをご用意していますので、こちらから「あなたにとって必要な情報(価値がありそうな情報)」を是非、存分に収集して頂ければと思います。

>投資家K.U.I(近藤勇一)Official BLOGコンテンツ一覧ページ

サブコンテンツ

投資家K.U.I



 投資家K.U.I(近藤勇一)

株のスイングトレード、為替、仮想通貨のFXトレードなどを平行して生計を立てています。比較的幅広い手法を駆使してますので投資家、トレーダーにはお役に立てる情報を発信していけると思います。

>近藤勇一プロフィール

資産運用実績

2012年2月
資金2000万円で資産運用開始
2012年9月
保有資産3000万円を突破
2013年1月
保有資産4000万円を突破
目標年間利回り+100%を達成
2013年4月
保有資産5000万円を突破
2013年12月
保有資産6000万円を突破
年間利回り+50%と達成
2014年5月
保有資産7000万円を突破
2014年11月
保有資産8000万円を突破
単月収支+500万円を達成
2015年2月
保有資産9000万円を突破
2015年5月
保有資産1憶円を突破
>資産運用成績の詳細

このページの先頭へ